スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

バラが咲いた。。。



       P5314169.jpg


   
       たったひとつ 咲いたバラ 小さなバラで

       寂しかった ぼくの庭が 明るくなった



お散歩のとき、庭先で小さなバラが咲いているのを見かけると、

いつもこの歌を思い出します。。。

スポンサーサイト
テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

Tag:植物たち  Trackback:0 comment:8 

源流の風景。。。



ここは、森戸川の源流部分。。。

川のもととなる、はじまりの風景ってどんなだろう?と思っていました。

はっきりと水と大地が別れていて、水溜りのような場所から川になっているイメージをしていたけれど、全く違いました。



       P5244053.jpg



まわり一面、辺りの空気までもが湿り気を帯びていて。。。


いろんな場所から水が染み出していました。


P5244112.jpg


土や、空気や、木や、岩。。。


みずみずしい、深いみどり色の世界がありました。


       P5244075.jpg


川の源流の風景って。。。


豊かな美しい地球の姿だな。。。


なんて、思ったりしました。


テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

Tag:森をゆく  Trackback:0 comment:6 

サンコウチョウの棲む森。。。

       P5244093.jpg





何十年もの間、人の手が入らなかった原生林の残る森。。。





P5244140.jpg





この森で、生まれてはじめて「 月(つき) 日(ひ) 星(ほし) 」 と鳴く、三光鳥(サンコウチョウ)に出会いました。





       P5244082.jpg


とても美しい姿と鳴き声。。。

それに、一生懸命、巣作りしている健気な姿に胸がつまり、思わず涙がこぼれてしまいました。。。




相互リンクしてくださっているブロガーの敷島さんが、こんなステキなサンコウチョウの姿と鳴き声のリンクを貼ってくださいました。

サンコウチョウってこんな鳥






追記:

この鳥に会いに、わざわざ山に登ってきました。
腕と立派な機材があれば、サンコウチョウの写真を載せたかったです!!!!
主役のいない記事じゃあ説得力はありませんが、この森も素晴らしくよいところでした。

わたしのもうひとつのブログひとり山日和に詳しくサンコウチョウに出会うまでを書いていますので、ご興味のある方はどうぞご覧ください。

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

Tag:森をゆく  Trackback:0 comment:8 

若葉の頃。。。

P5174041.jpg

制服姿のお二人さんが、木漏れ日の中を仲良くお散歩。。。

初々しくて、見ていてちょっと胸がきゅん。。。

人も葉っぱも、若葉の頃。。。

さわやかな、いい季節です!



テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

Tag:日常のひとコマ  Trackback:0 comment:6 

奇妙な同居人

以前、ご紹介した「砂漠の宝石」のハオルシアに花が咲きました。

             P3253265-1.jpg
これはうちに同居しはじめた当初に撮ったもので、真ん中に小さな花芽が顔を出しています。

どんな花かといいますと。。。

       P5063831-2.jpg

小さな白い花。。。
これだけ見ると、とても清楚なお花です。




でも。。。。



小さかった花芽は、ジャックと豆の木のようにどんどんと光に向かって伸びてゆき。。。
P5063822.jpg



ニョロォォォ~~~~ン。。。


       P5063825.jpg

こんな形で花を咲かせています。

清楚というよりは、奇妙。。。


自生地では砂に埋まっているという植物だから、ひたすら一筋にお日様に向かって伸びていき、こんな不思議な形になるのでしょうか???

なぞです。





追記:
窓辺に置いておくと、長い花芽が光の方向に自由自在に動きます。
ハオルシアにとってはいい迷惑だとは思いますが、おもしろくて反対側に向きをかえると、またまた、あっという間に花芽が反対側に曲がるんですよ(^^)

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

Tag:植物たち  Trackback:0 comment:2 

真っ赤なポピー畑より。。。


真っ赤なポピーのお花畑を見に行きました。

P5174007-4.jpg

一面のお花畑って。。。

P5174009-2.jpg


わたしが撮ると何枚撮ってもみんな同じような写真ばかりになってしまうものだから。。。


P5174033-1.jpg

ワンちゃんのおしりを一緒に入れてみたり。。。

       P5174015.jpg



長細いフォルムの花姿を撮ってみたりしました。


追記:

場所や角度など変えてたくさん撮ったのに、みんなおんなじような写真ばかりでちょっとがっかり。。。
お花畑って撮るのが難しいですね。。。

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

Tag:植物たち  Trackback:0 comment:6 

星と森と絵本。。。

国立天文台の風景の番外編です。

突然の雷雨に見舞われ、雨宿りした場所は、国立天文台と同じ敷地内にある「三鷹市 星と森と絵本の家」というところ。。。

P5103974.jpg

大正4年から昭和26年の間に建設された官舎のなかで一番古くて立派な建物を公開し保存活用しています。



       P5103981.jpg

子どもたちのために、人の暮らしや宇宙、自然に関する絵本が確か2000冊以上もあるとか。。。




       P5103976.jpg


そのほか、当時のままの生活していた様子や、古い電話機や火鉢、昔のグルグルまわす鉛筆削りなんかが展示され、子どもが一部体験できるコーナーもあったり。。。


好奇心で押入れをあけると、昔、おばあちゃんの家にあったような茶箱がはいっていたり、昔のナフタリンの臭いまで再現していたのにはびっくり。。。


その日は貸切状態で、広い日本家屋にはわたししかおらず。。。
しばし、雨足が弱まるまで畳の部屋で絵本を読んで時間を費やしました。



P5103986-1.jpg



古い柱時計が壁に掛かっていて、なんともいえないカチコチという音、春の雷鳴と雨音を聴きながら、畳とナフタリンの香りのする和室で絵本を読む。。。


なんだかとても穏やかで、静かで、心地の良い時間を過ごすことができました。



これで、国立天文台のシリーズはおしまいです。

機会があったら、実際に望遠鏡を覗いて星や惑星、宇宙をこの目で見てみたいな~ぁ。。。

               P5103991-1.jpg







テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

Tag:未分類  Trackback:0 comment:10 

碧い彗星の一夜 ~その3~

国立天文台の風景、3回目。。。

P5103952.jpg
ゴーチェ子午環の外観。。。





P5103955-1.jpg
     木の枠の窓も味があります。。。






       P5103943.jpg
     旧図書館をバックに。。。


ひととおり見学を終えたとき、突然、空が暗くなり雷雨が。。。




          P5103965-2.jpg
         黒い雨雲の下に銀色に光る半円形のドームがなんだかドラマチック。。。


薄暗い空と森が稲妻で光り、轟く雷鳴のなか、大正時代の天文台や図書館の脇を走っていたら、本当に自分が物語の世界の中に入ってしまったようで、すごくドキドキ、ワクワクしてしまいました。


追記;

この後、慌てて同じ敷地内にある、当時、官舎として使っていた日本家屋を公開している施設に雨宿り。。。
次回は、番外編でその建造物の様子をご紹介したいと思います。
テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

Tag:未分類  Trackback:0 comment:6 

碧い彗星の一夜 ~その2~


国立天文台の風景のつづき2回目。。。

今回はセピア色の天文台の世界をご紹介します。


       P5103918-2.jpg
       大赤道儀室の日本最大の屈折望遠鏡。。。




       P5103917-2.jpg
       ここから星や惑星を覗いて観測をしていたのでしょうね。。。






P5103957-1.jpg
       ゴーチェ子午環の中にある天体の精密観測装置。。。




       P5103929-2.jpg
アシンシュタイン塔。。。



未知なる宇宙。。。

人間の飽くなき欲求を満たすため、天文学の分野で、この建物や機材たちはいろいろな貢献をしてきたのでしょう。。。

今はひっそりと静かな森のなかで、当時の面影を残したままここでのんびりお休みをしているのかもしれませんね。。。





テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

Tag:未分類  Trackback:0 comment:2 

碧い彗星の一夜 ~その1~

仕事の休みの日、国立天文台三鷹キャンパスに思い立ってふらりと出かけてみました。

鬱そうとした森の中に、大正期の古い天文台が点在しています。


       P5103890-1.jpg


歩くとミシミシいう木の床。。。
ちょっと埃っぽい臭いのする第一赤道儀室にはいると。。。




       P5103893.jpg




木でつくられたドームに大きな望遠鏡が。。。



P5103916-2.jpg


今では電波時計が当たり前になりましたが、当時はこの時計が一番正確にときを刻んでいました。




緑豊かな森のなかにある、古い天文台めぐりをしていたら、昔の戯曲「碧い彗星の一夜」という天文台を舞台に繰り広げられる物語を思い出しました。

とても不思議な気持ち。。。

今回、写真をたくさん撮ったので、国立天文台の風景を「碧い彗星の一夜」シリーズで何回かにわけてご紹介していきます。





テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

Tag:未分類  Trackback:0 comment:6 

プロフィール

tama☆彡

Author:tama☆彡
コンデジ写真が趣味ではじめたブログでしたが、父のフィルムカメラにはまり、次に、あらたにはじめた弓道のほうがおもしろくなり、写真の趣味は低迷中。。。
雑多なエッセイブログになりつつあります。。。



リンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。