スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

キッチン。。。

oyster.jpg

オイスターのオイルマリネを作りながら、昔読んだ吉本ばななの「キッチン」という小説のことを、ふと思い出した。

確か主人公が、この世で一番好きだった場所が台所で、わたしは、この感覚がとてもよく理解できる。

「あなたにとって、生きていくうえで支えになる場所はどこですか?」と、聞かれたら、

わたしも「台所」と答えるかもしれない。。。


命の源であるヒトの食べ物を作り出すところ。。。


心が痛くて泣きそうなとき、元気がでるまで、何度もここに立って料理を作ろう。。。

ここはわたしの再生の場所だから。。。
スポンサーサイト
テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

Tag:日常のひとコマ  Trackback:0 

温泉と寿司の関係。。。

わたしは大の風呂好きですが、うちのお風呂はユニットバスでとても狭い。。。

毎日、ユニットバスにお湯をためて、温泉の元とか、アロマオイルをいれたりしてお風呂に浸かっているけれど、時々、大きなお風呂に手足を伸ばしてはいりたくなる。

温泉行きたい。。。

でも、お金も時間もない。。

そんな時、よくわたしは天然温泉付きのスポーツ施設の風呂だけ入りに行きます。

そのお風呂に行ったときの楽しみは、風呂上りのビールは言うまでもないけれど、隣りの回転寿司でお寿司を食べること。

東京近郊では、安くて旨いと行列になる有名なお寿司屋さんの支店なんだけど、なぜかスーパーの中にあるからとっても狭い。。。

いつも多少は並ぶものの、それでも本店よりは空いているからとても穴場だと思う。。。

と、いうことで、温泉と寿司セットに行ってきました。

都内のスポーツ施設のなかの温泉だから、地方の自然のなかの静かな場所とは違うけど、露天風呂もあって、わたしは結構気に入っている。

ぬるめのお湯に浸かり、手足を伸ばして目を閉じていると、水の音や冷たい風が頬に当たる感覚が心地よいな~

お風呂にはいると身体の緊張が弛んで、あたたかくて、お母さんの子宮のなかにいた時の本能的な感覚を思い出すから気持ちいいのではないか?といつも思う。。。

お風呂から出たら、さぁビール!お寿司だ!と、早々に隣のスーパーに移動。

とりあえず風呂上りの生ビールをプハ~っとやってから、本日のおすすめの白子軍艦やら生イワシやらを握ってもらい、しあわせを噛みしめる。。。

最後に、おすすめの一番最後に書かれていた「極上デザートプリン」となるものを注文。

これが、極上というだけあって口の中でとろけるような口触りがおいしい。。。

まさか、寿司屋でプリンがおいしいと思うなんて意外だと思いつつ、またしあわせな気持ちになる。

おいしいものを食べるということも、人間の本能に根差した欲求を満たすという行為だと、常日頃から思っていたけど。。。

だから、温泉と寿司を食べるという今日の組み合わせは、両方がわたしの原始的な本能が満たされる究極の癒しではなかろうか????

と、そんなことを思った。。。

スーパーからBGMで流れるワムの「ラストクリスマス」が聴こえてきた。。。



「世間はクリスマスなんだな。。。。」



と、スーパーの中の寿司屋でプリンを頬張り、「ラストクリスマス」をしみじみした気持ちで聴く休日であった。。。


               sirako-001.jpg白子軍艦


テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

Tag:雑記  Trackback:0 

さらなる上に。。。

やっとPCが使える環境が戻ってきました。

近況報告を少し。。。

先月末に行われた弓道の昇段審査は、無事に合格することができました!!!

今回、私が受験したのは弐段で、合格率は77%。

余程の失敗をしない限り、基本の所作や射形が出来ていれば矢が的に当たらなくても合格をもらえます。

それでも、やっぱり嬉しかった!

でも、次の参段からはいきなり合格率が15%とガクンと低くなり、所作の美しさや、矢が的に当たらなくては合格をもらえない段位となっていきます。

参段を受験するにも、今までと同じように先生に許可を頂けるわけにはいかなくなります。(上達の早い人はそんなに苦労はしないのかもしれないけれど)

わたしの目標は来年に参段を受験し合格すること。。。

熱心に練習をしているけど、わたしはまわりの人たちと比べると上達が遅い。。。

正直、まわりと比較すると焦ってしまったり、思うように自分ができないことが悔しくて、涙出そうになることもしばしば。。。

と、いうか、今日はいろんな失敗をして、悔しくて我慢したけど思わず気が付いたら涙が出てきてしまい、いつもとても面倒をみてくれる大好きな先輩に「泣くな!うまくできたときに泣け!」と、叱られたばかりです(苦笑)

でも、一生懸命になれる弓道というものに出会えたことは、わたしの人生にとって、豊かで素敵な彩りを添えてくれる。

だから、上達は遅くても、わたしはわたし色の「射」を求めて、さらなる上を目指そうと思います。

nidannshoudann.jpg








テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

Tag:弓  Trackback:0 

プロフィール

tama☆彡

Author:tama☆彡
コンデジ写真が趣味ではじめたブログでしたが、父のフィルムカメラにはまり、次に、あらたにはじめた弓道のほうがおもしろくなり、写真の趣味は低迷中。。。
雑多なエッセイブログになりつつあります。。。



リンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。